取扱禁止商材・禁止行為規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は、合同会社SAZARE(以下「当社」といいます。)が運営する、
WWサービス(以下「本サービス」といいます。)において、メーカーとして登録した者であり、
本サービスを通じて自己の商品を購入者に販売する者(以下「メーカー」といいます。
なお、購入者とは、本サービスにおいて購入者として登録したものであり、メーカーから商品を購入する者をいいます。
以下同じです。)が商品を販売するあたり取扱禁止商材及び行為を定めるものです。

第1条 (禁止商材)

メーカーは、本サービスにおいて、次に掲げる商材は取扱禁止とします。

(1) 法令で販売・所持が規制されているもの

(2) 公序良俗、モラルに反するもの

(3) 商品に関する契約等で譲渡・転売が禁止されているもの

(4) 悪用されるおそれのあるもの

(5) 青少年の保護育成上好ましくないもの

(6) 危険なもの

(7) 他人の権利・利益を侵害する可能性のあるもの

(8) その他当社が不適切と判断したもの

(9) 発売から1年を経過しているもの

(10) 化粧品、動物、中古品、医薬品、医薬機器全て(一般用医薬品、動物用を含みます。)

第2条 (法令規制)

前条第1号の「法令で販売・所持が規制されているもの」として、
次に掲げる事項が該当するものとします。なお、特に当社が認めた場合を除き、
法令で販売・所持が規制されているものの、特別に販売・所持について許可されている場合であっても、
本サービスにおいては取扱禁止とします。

(1) 銃砲類、模造けん銃、けん銃部品、銃弾、砲弾、火縄銃等の古式銃砲、刀剣類、改造モデルガン、
改造エアガン、金属製のモデルガン等の銃刀法違反商品

(2) 麻薬、あへん、覚せい剤、向精神薬等の薬物、大麻草やけし等の植物、その他麻薬全般

(3) 人体、臓器、細胞、血液

(4) 偽造された文書、有価証券、通貨、カード(偽造キャッシュカード、偽造

クレジットカード、偽造テレホンカード)、ホワイトカード・ICチップ、データスキミング装置、偽造印鑑等の偽造文書等

(5) 密猟された動植物、販売禁止鳥獣

(6) 窃盗、強盗、詐欺、恐喝など犯罪行為により取得された商品

(7) 宝くじ、富くじ、公営競技投票券、スポーツ振興くじ

(8) 医薬品成分入り健康食品、医薬品成分入り化粧品、未承認医薬品(医薬品成分が合有されているが
日本国内で医薬品として承認されていないもの)

(9) 高度管理医療機器としての承認を得ていないコンタクトレンズ

(10) 医療用医薬品(処方せん医薬品に指定されている医薬品) 、
「タミフル」「バイアグラ」など医師若しくは歯科医師によって使用され又は
これらの者の処方せん若しくは指示によって使用されることを目的として供給される医薬品、
処方せんが無くても購入できる医療用医薬品

(11) 厚生労働省の定める要指導医薬品

(12) ピッキング用具、破壊用シリンダー回し、ホールソーのシリンダー用軸、
サムターン回し等特殊開錠用具所持禁止法に抵触する道具

(13) 以下のいずれかの改造を行っている自動車車体及び自動二輪車等、
不正な改造を施された自動車車体及び自動二輪車

・ 灯火類の灯火の色等の変更

・ 運転席及び助手席の窓ガラスへの着色フィルムの貼り付け

・ ディーゼル自動車の排出する黒煙

・ タイヤ及びホイールの車体(フェンダー)外へのはみ出し

・ 突入防止装置の切断、取り外し、荷台さし枠の取り付け及び排気管の開口方向違反

・ 消音器(マフラー)の切断、取り外し

・ 前面ガラス等への装飾板の取り付け

・ 基準外のウイングの取り付け

・ 速度抑制装置(スピードリミッター)の解除、取り外し

(14) 次の表示・マークが貼付されていない等、
商品法令が定める規格・基準に適合していることが確認できない商品
(偽造された表示・マークを貼付している場合も含む)

・ PSCマーク

登山用ロープ、家庭用の圧力なべ及び圧力がま、乗車用ヘルメット、石油給湯機、
石油ふろがま、石油ストーブ、乳幼児用ベッド、携帯用レーザー応用装置(レーザーポインター)、
浴槽用温水循環器、ライター

・ PSEマーク

※直流電源装置(ACアダプター、充電器等)、エル・イー・ディー・電灯器具、
エル・イー・ディー・ランプ、リチウムイオン蓄電池(モバイルバッテリー等)

・ PSTGマーク

半密閉燃焼式ガス瞬間湯沸器、半密閉燃焼式ガスストーブ、半密閉燃焼式ガスバーナー付ふろがま、
ガスふろバーナー、開放燃焼式・密閉燃焼式・屋外式ガス瞬間湯沸器、
開放燃焼式・密閉燃焼式・屋外式ガスストーブ、密閉燃焼式・屋外式ガスバーナー付ふろがま、ガスこんろ

・ PSLPGマーク

半密閉式瞬間湯沸器、半密閉式ストーブ、半密閉式バーナー付ふろがま、ふろバーナー、
ふろがま、カートリッジガスこんろ、ガス栓、開放式・密閉式・屋外式瞬間湯沸器、
開放式・密閉式・屋外式ストーブ、密閉式・屋外式バーナー付ふろがま、一般ガスこんろ、
調整器、高圧ホース、低圧ホース、対震遮断器、ガス漏れ警報器

・ Eマーク

自動車用チャイルドシート

(15) 違法行為(ダフ屋行為等)により入手したチケット、金券

(16) 使用目的が医薬品的用途であるにも関わらず、
医薬品として薬機法上の承認・届出等がなされていない商品、
使用目的が医療機器的用途であるにも関わらず、医療機器として薬機法上の
承認・届出等がなされていない商品、使用目的が医薬部外品的用途であるにも関わらず、
医薬部外品として薬機法上の承認・届出等がなされていない商品、
使用目的が化粧品的用途であるにも関わらず、化粧品として薬機法上の承認・届出等がなされていない商品等

第3条 (公序良俗)

第1条第2号の「公序良俗、モラルに反するもの」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1) 危険ドラッグ、合法ドラッグ、脱法ハーブ

(2) シンナーなどの有機溶剤、ガス

(3) 哺乳類、鳥類、爬虫類等の生体(ただし、当社の許可を得た場合を除きます。)

(4) 汚物、排泄物、廃棄物、動物死体

(5) 死体画像、犯罪現場の画像等のグロテスクな商品、嫌悪感又は不快感を与える商品

(6) 使用済みの下着、制服、水着、体操服

(7) 盗撮写真、盗撮ビデオ、盗聴又は無断録音されたテープ類

(8) モザイク除去機器

(9) 一度使用されたことのある鍵、マスターキー

(10) 反社会的勢力の名称・ロゴ等が入っている商品

(11) 道路運送車両法に抵触するナンバープレートカバー、フレーム、ボルトカバー、
シートベルトキャンセラー(シートベルト未装着時に鳴る警告音を消す装置)
等交通取締を免れる等の脱法目的に利用されるおそれのある商品

(12) 犯罪方法やテロ行為の手引き、爆発物や武器の製造方法を伝授する商品等犯罪を誘発するおそれのある商品

第4条 (譲渡・転売禁止)

第1条第3号の「商品に関する契約等で譲渡・転売が禁止されているもの」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1) 預貯金又は証券の口座、預貯金通帳、クレジットカード、キャッシュカード、ローンカード

(2) 航空会社のマイレージ、その他各種ポイントカード、会員証

(3) 航空券、乗車券、入場券

(4) サンプル盤、デモ盤として貸与されているCD、DVD、ソフト

(5) 企業が販促のために頒布しているポスター、パンフレット、看板

(6) 開通済みの携帯電話、PHS、ポケットベル

第5条 (悪用)

第1条第4号の「悪用されるおそれのあるもの」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1)名簿、卒業アルバム、紳士録、住所、住民票、戸籍抄本・謄本、登記簿謄本、
他人のID又はパスワード等個人情報、プライバシーに関する情報

(2) 免許証、パスポート、健康保険証等身分証明書

(3) 官公庁又は企業の入館証、社員章、役職や身分を示すバッチ、議員バッチ、

弁護士バッチ、警察官制服、警察手帳等、ただし、委託を受けて真正な入館証等を制作するサービスは除く。

(4) ピンホールカメラ又は小型カメラが仕込まれたカモフラージュカメラ
(ペン、めがね、時計等、カメラ以外の商品に見せかけたカメラ)、コンクリートマイク、
盗聴電波受信用のレシーバ等盗聴又は盗撮に悪用されるおそれのある商品

(5) 印影から印章を作成するサービス

第6条 (青少年保護)

第1条第5号の「青少年の保護育成上好ましくないもの」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1)当社が指定する児童ポルノ及び児童ポルノに該当するおそれのある作品

(2) 当社が指定する青少年の保護育成上好ましくないビデオ、DVD、写真集、

ゲームソフト、書籍、雑誌、フィギュア等

(3) いわゆる大人のおもちゃ、マッサージ目的をうたうアダルトグッズ商品
商品の形状、機能・構造、パッケージ等から下記条件に該当する商品

・ 性的感情を刺激する又は性的欲望を満たすために使用される玩具、道具

・ 性器を露骨に表現し又は容易に連想させる形状の玩具、道具

・ 専ら性的な行為の用に供する商品(コンドームを除く)に該当すると確認した商品

商品例としては、SMグッズ(手枷、足枷、鞭)、オナホール、ダッチワイフ、エアドール、
ラブドール、ラブピロー、バイブレーター、ピンクローター、コックリング、包茎矯正リング、
ペニス増大器具、ディルド、マグラ、ペニスバンド、膣トレーニンググッズ、アナルパール、媚薬、
ラブコスメ、スケベ椅子があたるものとし、ローション、ジェルに関しては性的行為を示唆する表現の記載を禁止とします。

(4) 性風俗店の宣伝広告、チケット

第7条 (危険物)

第1条第6号の「危険なもの」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1) 火薬、爆発物、灯油、ガソリン、各種高圧ガス、液化石油ガス等の爆発物、危険物。
ただし、家庭用の花火は除きます。

(2) 劇物(医薬用外劇物)、毒物( 医薬用外毒物)

(3) 注射針のついた注射器(サージカルニードルなど)

(4) 多節棍、トンファー、バタフライナイフ、手裏剣、ボーガン、クロスボウ、
洋弓銃、スタンガン、スピアガン、水中銃、スリングショット、催涙スプレー、
秘匿性の高い刃物、ヌンチャク、ナックルガード、メリケンサック、警棒等の武器として使用されるおそれのある商品

第8条 (権利侵害)

第1条第7号の「他人の権利・利益を侵害する可能性のあるもの」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1) 偽ブランド品、真正のブランド品であると証明できない商品

(2) ブランド品とデザインやロゴマークが類似する商品

(3) レプリカ、ブランド品の一部や包装用具を加工したリメイク品

(4) その他、消費者がブランド品と混同、誤解、類似するものと意識する商品

(5) その他、他人の商標権、著作権、その他権利を侵害する商品

(6) CD・DVD・ビデオ・テープ・ソフトウェア・ゲームソフトなどのコピー、
複製されたデジタルデータそのもの及びその記録媒体、テレビ・ラジオの録画録音テープ、
海賊版、許諾なく他人の著作物をプレインストールしたハードウェアなどの機器、いわゆるマジコン、
コピーガードキャンセラー、スクランブルキャンセラー、MODチップ、ベータ版、アカデミーパックの転売、
ボリュームライセンス商品の転売・ばら売り

(7) アイドルコラージュ、有名人の生写真、有名人の画像や名前を無断で使用した商品。
ただし、権利者の承諾を得ている場合を除きます。

(8) 他人の業務を妨害したり迷惑をかけたりする商品、
他人を誹謗、中傷、差別するおそれのある商品、その他他人の名誉、信用を毀損する商品

第9条 (不適切)

第1条第8号の「その他当社が不適切と判断したもの」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1) 身体への安全性が確認できない食品、開封済の化粧品、
一般消費者のみを対象とした販売店から購入した食品等、健康被害等の重大な事故を引き起こすおそれのある商品

(2) 「消費期限」の切れた食品

(3) 使用期限切れ化粧品

(4) 精力、絶倫、勃起、陰茎、強精、射精、早漏、男性機能、性的機能、生殖機能、
バイアグラ、ナイトライフ、ナイトサプリ等の文言を含む、
医薬品以外の性的機能の強化・改善を目的とする商品(精力剤)

(5) 鯨肉、イルカ肉、鯨及びイルカから採取された皮、脂、骨等の部位、及びそれらの加工品

(6) ゲーム等のアカウント、招待ID、及び購入者の招待IDを使用することを
約する類のサービス(招待代行)など、ゲームに関するデータ、特典その他の利益、RMT(リアルマネートレード)

(7) 反社会的宗教団体と関連する商品

(8) スクリプトを使用するなどしてRMSその他当社のシステムに
悪影響を及ぼす可能性のあるソフトウェア等当社の運営を妨げるおそれのある商品

(9) ぞう科の牙(象牙)やうみがめ科(タイマイ等)の甲、及びそれらを用いた製品等、希少動物やその加工品

(10) 金の延べ棒、ゴールドバー、金のインゴット等の金地金商品。

(11) 酒類

(12) たばこ(海外からのおみやげたばこを含みます。)

(13) 昆虫、魚類、両生類の生体(なお、哺乳類、鳥類、爬虫類は禁止商材です。)

(14) 金券

(15) 有価証券・会員権(ゴルフ会員権も含みます。)

(16) 金融・保険

(17) 不動産

第10条 (許可商材)

メーカーは、本サービスにおいて、次に掲げる商材を取扱うには、事前に当社の許可を得なければならないものとします。

(1) 携帯電話等携帯通信端末

(2) ADSL、光回線、モバイル通信回線等の回線契約を伴う商品、又は、それに類すると判断される回線契約を伴う商品

第11条 (禁止行為)

メーカーは、本サービスにおいて、次に掲げる行為は禁止とします。

(1) 法令・公序良俗に反する行為

(2) 価格表示に関する禁止行為に該当する行為

(3) 表示全般に関する禁止行為に該当する行為

(4) 当社又は第三者の権利を侵害する行為

(5) レビューに関する禁止行為に該当する行為

(6) 課金を回避することを目的とする行為

(7) 決済に関する禁止行為に該当する行為

(8) 不正にシステムを利用する行為

(9) その他当社が不適切と判断する行為

第12条 (公序良俗)

第11条第1号の「法令・公序良俗に反する行為」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1) 購入者からお支払を受けたにもかかわらず商品を届けない、
登録されている商品とは、異なる商品を届ける、アカウントを複数取得し、
ポイント○倍のキャンペーン中に、自社アカウントの商品を購入しポイントを搾取する、
他人のカード情報を獲得し、そのカード情報を元に購入する等の詐欺的な行為

(2) 購入者への暴言、誹謗中傷等の脅迫行為

(3) システムの不備や人為ミスなど理由の如何にかかわらず、購入者の個人情報を大量に流出する、
購入者メールアドレスを全て宛先に含めて送信する、購入者の個人情報が入ったUSBメモリを紛失してしまう、
購入者の個人情報を収集し転売する、SNSなどに購入者の個人情報を載せてしまう等の重大な個人情報漏洩

(4) 注文した購入者とは異なる第三者の明細書を誤って送付してしまう、明細書トラブル、明細書の入れ違い等等個人情報漏洩

(5) 次に掲げるような卑猥な表現、青少年やお子様の閲覧にふさわしくない表現などを記載すること

・ 性器やアンダーヘアが見えている、又は透けているもの
(へそ下の毛がアンダーヘアとつながっているようなものも対象)

・ 何も身に着けていない状態の臀部が見えているもの(Tバック下着を着用していると分かるものは可)

・ 乳首(乳輪を含む)が見えている、又は透けているもの(被写体が女性の場合のみ)

・ 本来であれば明らかに透けていたり露出していたりする部分を★マーク等や腕等で隠したり、
モザイク処理や画像修正を行ったもの

(6) ねずみ講(無限連鎖講)、連鎖販売取引(マルチ商法)、紹介販売システム、
代理店契約、内職商法、モニター商法、資格商法等のマルチ商法

(7) 特商法にて定める、返品方法の記載をしていないこと

(8) 取引を行うための準備がなされていないにもかかわらず、
その商品、サービスについて表示すること、商品、サービスの供給量が著しく限定されているにもかかわらず、
その旨を明示していないこと、商品、サービスの供給期間、
供給の相手方又は購入者一人当たりの供給量が限定されているにもかかわらず、
その旨を明示していないこと等、景表法違反(おとり表示)行為。なお、
店舗都合による注文キャンセルを継続的に繰り返す行為など、
合理的理由がないにもかかわらず商品の全部又は一部について取引に応じることができない場合、
上記表示に該当すると判断します。

(9) 景品表示法にて定める「懸賞・景品等」のルールに反する行為

(10) 自然災害や事故に乗じた価格設定行為

(11) 特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)に基づく記載事項未記載

(12) 中古携帯通信端末取扱いに関する規約に違反する行為

(13) 18才以上を対象とするゲームソフトの取扱いに関する規約違反行為

(14) 消費税増税対応規約違反行為

第13条 (価格表示)

第11条第2号の「価格表示に関する禁止行為」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1) 二重価格・割引表示に関する規約違反(不適切な価格表示・割引表示)に反する行為

(2) メーカー希望小売価格の掲載マニュアル違反行為

(3) ブランド並行輸入品の比較対照価格の表示マニュアル違反行為

第14条 (表示全般)

第11条第3号の「表示全般に関する禁止行為」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1) 背景色と同じ文字色の文字記載、視認できないサイズの小さなフォントでの文字記載、
HTMLへの隠し文字記載等、 ユーザが認識することができない文字記載を行う等、
不適切な検索対策(検索文字)文字を入れること

(2) 次のような虚偽又は不正確な表示により他よりも優良、有利であると誤認させる表示をすること

・  商品の産地・ブランド・品質について事実と異なる表示を行う

・ 「確実に○kg痩せます」「必ず-○キロ痩せる」「体重激減」など、
確実性の実証されていないものについて確実性をうたうこと

・ タイムセール・期間限定キャンペーン等の期間終了後、少なくとも当該期間と同一の期間を置かず、
当該タイムセール・期間限定キャンペーン時と同一価格又はそれよりも安い価格で販売すること

・ 価格の安さを強調した上で販売価格を吊り上げること

・ クーポン等による販売価格からの割引表示、ポイント還元率を用いた表示を行う場合に、
販売価格を吊り上げた上で割引率等を用いた表示を行うこと

・ 合理的理由がないにもかかわらず販売価格を吊り上げること

・ 具体的な期間を明記せずに、「期間限定」「今だけ」等の表示を行うこと

・ 数量限定、対象者限定等の限定表示を行う際、事実と異なる虚偽の限定表示を行うこと

・ オプション商品等の有料商品を、項目選択肢を用いる等して商品登録せずに取扱うこと。
ただし、ユーザが能動的に行い、注文後に金額変更があることを明記している場合はこの限りではありません。

・ 商品内容や取引条件を強調した表示(強調表示)を行うにあたり、
取引に条件や例外(打消し表示)があるにもかかわらず、その条件や例外を記載しないこと、
又は、十分な記載を行わないこと

(3) 迷信又は迷信に類し、著しく非科学的な表現を用いること、
及び具体的に病名や症状を出して効果効能があるようにうたうこと

(4) 違法行為、脱法行為、その他法令や規制の適用を免れることを明示・暗示する記載を行うこと

(5) 他店舗との価格やサービスの比較すること

(6) No1、一番、トップ、日本一、世界一、最安等、最上級表現、表示を客観的証明物の併記なしで行うこと

(7) 電波法令で定められている技術基準に適合していることを証明する
技適マークが貼付されていない無線機器を取り扱う際に、必須記載事項を対象商品ページ上に記載しない行為

(8) 自動車用チャイルドシートを取り扱う際に、必須記載事項を対象商品ページ上に記載しない行為

(9) 法令上、公道での使用が禁止されている乗物を取り扱う際に、必須記載事項を対象商品ページ上に記載しない行為

第15条 (権利侵害)

第11条第4号の「当社又は第三者の権利を侵害する行為」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1) 掲載許可のない、有名人画像や他人・他店舗の著作物の使用、掲載許可のない、
メディアコンテンツ(雑誌・新聞等)の使用、「○○さんが愛用」「ドラマ○○で使用」「雑誌○○で紹介!」などの記載など、
他人の著作権、肖像権、パブリシティ権の侵害となるような行為

(2) 商品と無関係の商標を無断で使用すること、商品と無関係の商標を使って、
○○タイプ又は○○風といった表記をすること等、商標権を侵害する表記

(3) 他人の誹謗中傷、名誉棄損、プライバシー侵害などを行うこと

(4) 当社の許諾を得ずに当社又は本サービスのロゴマークを使用すること

(5) 事前申請せずに新聞・雑誌等の取材・プレスリリース等を配信すること

第16条 (レビュー)

第11条第5号の「レビューに関する禁止行為」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1) すでにレビューの書込みがされた商品ページを編集し、別商品のページに変更すること

(2) 店舗関係者が、自店舗及び利害関係のある他の店舗に対し、レビューを投稿すること

(3) 店舗関係者が不適切な手段で自店舗のレビュー投稿を促すこと

(4) レビュー投稿を条件として送料無料、値引き、おまけ、金券等の特典付与 又は付与を暗示すること

(5) 一度投稿されたレビューの評価や投稿内容の変更・削除等の要請、強要、金品等の利益供与を以って依頼すること

(6) 高評価のレビュー投稿を促すこと

(7) 商品到着前のレビュー投稿を促すこと

第17条 (課金回避)

第11条第6号の「課金を回避することを目的とする行為」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1) 購入者とのサイト外取引及びそれを誘導する行為・本サービスで定められている
以外の機能・電話・FAX・メール・SNS等を使って、本サービスを通さずに、
購入者と取引を行うこと(なおメーカーが、バイヤーとサイト外取引を行うことは妨げない)

(2) 外部リンク、外部サイトに誘導(当社が特に認めた場合を除く) する行為

(3) 本サービスのURLの併記なしに、他のショッピングモール、
又は自社サイトのURL、SNSアカウントのみが記載されている梱包物や同梱物を用いること

第18条 (決済)

第11条第7号の「決済に関する禁止行為」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1) 商品を発送する前及び当社が指定する以外の方法で、

カード請求又は決済をすること(予約商品を含む)

(2) 決済で用いる方法を担うサービスの規約に違反する行為

第19条 (不正システム)

第11条第8号の「不正なシステム利用」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1) 店舗関係者が実体のない注文を行うこと

(2) 販売条件がすべて同一の商品を複数登録すること

(3) 本サービス機能の目的外利用

(4) 不正なソフトウェアやスクリプトを使用して本サービスのシステムに異常な回数のアクセスをすること、
購入者情報を収集すること等、本サービスのシステムに障害をきたすおそれのある行為

(5) 文面や差出人を別店舗のものにして購入者と連絡をとること

第20条 (不適当判断)

第11条第9号の「その他当社が不適当と判断した行為」として、次に掲げる事項が該当するものとします。

(1) 当社が販売主と誤解を与える記載等

(2) 当社と競合、又は競合するおそれのある行為

(3) ショッピングモールの運営ノウハウを取得する目的、会員募集目的、
商取引を主たる目的としない団体・サークル・グループへの勧誘、思想宣伝・広報活動、布教活動、宗教団体・政治結社などの
思想団体への勧誘、その他商取引以外を目的とする出店(当社が特に認めた場合を除く)

(4) 出店許可の前に出店ページを第三者に公開する行為(出店ページの宣伝広告及びそのURLの告知を含む)
又は出店ページを利用した販売等を行う行為

(5) 出店契約終了後に、本サービスを通じて取得した購入者の個人情報を利用し自社のメールマガジンを送信、
宣伝広告メールを送信、ダイレクトメールの送付、電話営業、訪問販売などをおこなう行為

(6) 受注確認用メールアドレスを個人用アドレスや携帯アドレスに転送設定すること

(7) 購入者の承諾なく購入者のメールアドレスをメールのリストに追加すること

(8) 指定された方法以外による広告宣伝行為

(9) 購入者からの応募を前提とせずに「当選おめでとうございます」「○○ 名様の中から抽選で選ばれました」
等と購入者の優先意識に過度に訴えかける行為

(10) 個人輸入代行(当社が特に認めた場合を除く)

(11) ネットワークビジネス

(12) 検索エンジン等のサービス提供を行う第三者が、当該サービスの利用規約、
規約等で禁止する事項(リンクの売買、交換、設置等)を行うこと

(13) 購入者又は当社が架電を行い、営業時間中に連絡がとれない状況が複数回確認されること

(14) 当サービスに定める規約に違反すること

第21条 (違反)

1. 当社は、メーカーが本規約のいずれかの条項に違反し、相当期間を定めてなした催告後も、
メーカーの違反状態が是正されない場合は、本サービスの利用を停止することができるものとします。

2. 当社は、本サービスの利用停止の理由を問わず、支払われた料金の払い戻しは行いません。

規約制定  2020年1 月1 日

食品販売規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は、合同会社SAZARE(以下「当社」といいます。)が運営する、
WWサービス(以下「本サービス」といいます。)において、メーカーとして登録した者であり、
本サービスを通じて自己の商品を購入者に販売する者(以下「メーカー」といいます。)が食品販売を行う場合の規約を定めるものです。

第1条 (必須記載事項)

1. メーカーは、本サービスにおいて、食品を取り扱い販売する場合は、JAS法、食品衛生法等に基づき容器包装に表示されている事項、
その他当社が定める必須記載事項を商品ページに記載しなければならないものとします。ただし、賞味期限、
消費期限等の頻繁に情報更新が必要な項目については、電子商取引上、特定の日付入力が困難な場合も想定されることから、
商品ラベル参照等の記載表現が認められるものとします。なお、エネルギー表示、栄養成分表示については、可能な限り表示をお願いします。

2. メーカーは、次に掲げる事項を記載してはならないものとします。

(1) 義務表示事項の内容と矛盾する用語

(2) 産地名を示す表示で、産地名の意味を誤認させるような表示

(3) その他内容物を誤認させるような文字、絵、写真その他の表示

3. メーカーは、JAS法、食品衛生法に関して、次に定める場所に問い合わせて確認するものとします。

・ 消費者庁食品表示課

・ 農林水産省地方農政局及び地域センター

・ 各都道府県JAS法担当部署

・ (独)農林水産消費安全技術センター

・ 製造所を管轄する(又は最寄の)保健所

・ 消費者庁食品表示課

第2条 (取り扱い禁止物農産物)

メーカーは、本サービスにおいては、加工品のみを取り扱うものとし、次に掲げる物は取り扱わないものとします。

・ 農産物(丸ごと、カット単品、カット同種混合)

・ 玄米・精米

・ 畜産物

・ 水産物

第3条 (加工食品)

加工食品の必須記載事項は次のとおりとします。

(1) 国内で製造されたもの事例1

・ 名称(一般的名称)

・ 原材料名(使用した原材料)

*JAS法により原料原産地表示義務のある加工品については、原料原産地表示を行うこと。

・ 内容量(グラム、ミリリットル、個数等の単位で記載)

・ 賞味期限

・ 保存方法(保存方法を記載)

・ 製造者(原則、製造者名、製造者との合意があれば販売者名記載でも可)

(2) 国内で製造されたもの事例2

セット商品の場合、素材の構成要素ごとに原材料名を表示してください。

(3) 原材料を輸入したもの

・ 名称(一般的名称)

・ 原材料名(使用した原材料)

・ 内容量(グラム、ミリリットル、個数等の単位で記載)

・ 賞味期限

・ 保存方法

・ 原産国名

・ 輸入者(国内で小袋に包装し直した商品は、包装し直した事業者を加工者として追記すること)

(4) 牛乳

・ 名称(食品衛生法で分類された名称)

・ 商品名

・ 無脂乳固形分

・ 乳脂肪分

・ 原材料名

・ 殺菌

・ 内容量

・ 賞味期限

・ 保存方法

・ 開封後の取扱

・ 製造所所在地

・ 製造者

第4条 (有機食品)

メーカーは、有機食品については、生鮮食品、加工食品等の様式に加えて、有機食品であることを表示したい場合には、
有機JASマークの掲載又は有機JASマークが写っている商品ラベル写真を掲載しなければならないものとします。

第5条 (アレルギー物質を含む食品の原材料表示)

メーカーは、アレルギー物質を含む食品の原材料表示については、食品衛生法に基づく特定原材料を含む旨の表示を行い、
原材料の中に含まれる場合には、(原材料の一部に○○由来原材料が含まれます)という旨の表示を行うものとします。

第6条 (遺伝子組換え食品の表示)

メーカーは、遺伝子組換え食品については、JAS法に基づく遺伝子組換えに関す
る表示基準と食品衛生法の施行規則に基づき表示をするものとします。

第7条 (保健機能食品)

メーカーは、食品で機能性表示ができるものは、『特定保健用食品(トクホ)』、『栄養機能食品』、
『機能性表示食品』に限られますので、本サービスにおいて保健機能食品を販売される際には、次の必須記載事項を記載して下さい。

・ 保健機能食品の名称(栄養機能食品、特定保健用食品、もしくは機能性表示食品)

・ 保健機能食品のうち、『特定保健用食品』においてその機能性を訴求する場合には、商品パッケージ上の許可証票が分かる商品画像

・ 保健機能食品のうち、『機能性表示食品』においてその機能性を訴求する場合には、届出番号

第8条 (違反)

1. 当社は、メーカーが本規約のいずれかの条項に違反し、相当期間を定めてなした催告後も、
メーカーの違反状態が是正されない場合は、本サービスの利用を停止することができるものとします。

2. 当社は、本サービスの利用停止の理由を問わず、支払われた料金の払い戻しは行いません。

規約制定 2020年1月1日

トップへもどる